ハーバード ビジネス スクール・・・・スキルアップ スクールの最新情報

スキルアップするためには、いろいろなスクールに通うのも一つの方法だと思います。
でもスキルアップスクールにはビジネス資格を取るためのスキルアップスクールもありますが、趣味や自分磨きのために、スキルアップスクールの通うのも良いのじゃないでしょうか?


創造性を「開花」させる上司、 「枯渇」させる上司
President
ハーバードビジネススクール教授で創造性の専門家であるテレーザ・アマビーレは、創造的な仕事に携わっている専門職の人々の日誌を基に、リーダーの行動と部下のパフォーマンスの関係を調べたことがある。 一方をAチーム、もう一方をBチームと呼ぶとすると、Aチームの ...(続きを読む)



マーケティングがあるところ、ないところ
彼はハーバード・ビジネス・スクールの先生で、マーケティングとはお客様に対して価値の保証を誓約する活動だといっています。物を売り込むことではなく、自分たちが作っている材やサービスは「いいものです。満足させます」ということを誓約する活動を ...(続きを読む)


組織にとっての不幸とは
早稲田大学ビジネススクール教授、山田英夫氏に執筆をしていただきました。 私たちはシェアが高ければデファクト・スタンダードであると思い込んでいないでしょうか。大きなシェアを取ること、イコール、デファクトを取ること。結果、大きな利益が出る。 ...(続きを読む)


コア事業の転換のベストプラクティス
実は誤って写真を消去してしまったことがありました。3月の終わり、ハーバード・ビジネス・スクールのカンファレンスがありました。そこで撮った写真をすべて消してしまったのです。メーカーに問い合わせたところ、修復は不可能だと言われ沈み込んでいま ...(続きを読む)


トピック2 案ずるより生むが易し
金井 データベースでもうひとつ思い出したのが、ハーバード大学のひとたちが、たぶん1970年代後半ごろにつくった、PIMS (Profit Impact of Market Strategy)というプロジェクトです。PIMSは、ハーバード・ビジネス・スクールのお膝元に ...(続きを読む)


【ハーバードビジネスレビュー】デファクト・スタンダードの真実 ...
ヨッフィー ハーバード・ビジネススクール 教授 メアリー・クワック 元ハーバード・ビジネススクール リサーチ・アソシエート 現在の競争において、パートナーが戦略の成否を左右する。このようなパートナーは、サプライヤーや流通業者だけではない。 ...(続きを読む)


ハーバードからの贈り物
この本は、ハーバード・ビジネススクールの教授陣の協力を得て生まれました。 卒業生のなかには、 「恒例の最後の授業にこそ、ハーバードの精神が息づいている」 と言う人も少なくありません。 語られるメッセージは、エリートだけに向けられたものでは ...(続きを読む)


ベンチャー育成 (企業法務/岡田)
ビル・ゲイツの起業当時ハーバードにいたビル・ゲイツは、 こんなかったるい勉強はしていられないとハーバードを中退してシアトルに戻り、 コンピューター・プログラムを作り始めました。 最初はIBMの下請けをしていましたが、 ’83年ぐらいに自分の ...(続きを読む)


ダボス会議、世界IT報告書、そして最高位
「ハーバード・ビジネス・レビュー」アメリカ本誌では、毎年世界経済フォーラム(ダボス会議)と共同で、ブレークスルー・アイデア・リストを作成しています。今年も20のコンセプトが選ばれました。DHBRでは、次号から3回にわたって紹介していく予定 ...(続きを読む)


感動をメモしよう
土曜の夜は、今年の夏からハーバードビジネススクールに留学されるClass of 2009の皆様にお招きされ、壮行会。家族連れで行ったのだが、皆さんも恋人・婚約者・配偶者連れで来ていて、MBAらしい家族的なイベントとなった。 ...(続きを読む)



posted by エリモジョージ at 08:32 | スキルアップ スクール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。